西洋菓子 無花果

ブログ

ブログ
スタッフブログ
新年を祝うフランスのお菓子とは???🎂 投稿日:2019年01月5日

あけまして、おめでとうございます。スタッフないとうです。
今年も皆様にとって、亥い🐗年となりますように✨

さてさて、明日 1/6(日)は何の日か皆さま御存じでいらっしゃいますですか?
もし、ご存知の方がいらっしゃたら、かなりのお菓子好きさんだと思います😄

そう、そうです!!!明日は✨新年を祝うフランスのお菓子✨である『ガレット・デロワ』を頂く日です。

フランスでは、年が明けると、お菓子屋さんやパン屋さんの店頭は「ガレット・デ・ロワ」で埋め尽くされるそうです。当店でもそれに合わせて、昨日から通常の倍のガレットを焼いています🎶

「ガレット・デ・ロワ」とは???と思われた方もいらっしゃるかと思いますの為、ちょーっとだけ説明させていただきますね。1月6日の「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)をお祝いして食べるお菓子とされています。ただ現在では1月6日に限らず、1月中であれば、それを囲んで家族や友人たちが集まる際に食される新年には欠かせないお菓子となってるとのこと。

日本でいう、鏡餅のような感じかな、、と私は思って、毎年ありがたく頂いております。

その「ガレット・デ・ロワ」のお楽しみといえば、このお菓子に隠されている「フェーヴ」(Fève)という小さい陶器の人形が誰に当たるか、ということなのです💓それが当たった人は、その日、“王様”または“王妃様”になり、王冠をかぶり、(シャンパンと共に)皆から祝福されます。そして、“王様“または”王妃様“になった人は、相手の”王妃様“か”王様“を選ぶそうなのですが、今だかつて、そう呼ばれたことはないです( ´艸`)

今年は呼んでもらえますように🌟 まずは切り分けられたガレットの中に、アーモンドが入ってますようにと念じていただきたいと思います。皆様もぜひご家族、ご友人とガレットを囲んでみませんか?

💡本場のガレット・デ・ロワの分け方💡
家庭では、その場の人数分に切り分け、テーブルの下に隠れた最年少の子供が、誰にどの一切れを与えるのかを決め、その子の言う名前に従って配る。カットする人は、ナイフが「フェーヴ」に当たってしまうことがあるので、ふきんを被せてカットするか、皆の見えないところでカットしてから、お皿に盛る。

分け方もいろいろあるようですが、皆さまの良いように切り分けて、楽しくお召上がりいただけると私たちも嬉しいです。今日も最後までお読みいただきありがとうございました😆

ページ先頭へ
コンテンツ
コンテンツ

商品紹介
商品紹介

お問合せ
ページトップへ